マイホーム購入を考えた時に読むBlog

マイホーム購入の時に考えること

突然ですが、皆さんはマイホームの購入を考えたとき、何から始められますか?

こんな方が多いのではないでしょうか?
一先ず、インターネットで住宅情報を探して、不動産会社へ問い合わせをしたり、住宅展示場やオープンハウスに足を運んで、住宅の内覧をすると思います。

そこで担当してくれた営業マンから、住宅の構造や設備、建築費用の説明や、住宅ローンをした場合の毎月の返済額の説明を受ける事が多いと思います。

ですが、営業マンから提案された住宅ローンの返済計画では、将来住宅ローンの返済が苦しくなる可能性があり、折角建てたマイホームを手放さなければならなくなる、いわゆる住宅ローン破綻者になってしまう可能性があります

その一つの要因として考えられるのは、本来は住宅ローンの返済が難しくない、“返済を続けていけることが出来る金額”で住宅ローンを組まなければならないのに、ご自分が“借りることが出来る金額”で住宅ローンを組んでしまっていることが考えられてしまいます。

森田健一

将来住宅ローンの返済に苦しめられないように、まずは、ご相談者様の想いや利益を優先としたF P(ファイナンシャルプランナー)とライフプランのシミュレーションを行い、アドバイスをもらうことをおすすめします。

\ サンプル/

いえラボは、住宅会社ではない!

いえラボは、工務店やハウスメーカー・不動産会社や保険代理店など特定の商品やサービスを販売する業者ではなく、相談者様の想いや利益を優先することを前提に、ご相談者様に最善のプランを提供する、国家資格を取得したF P(ファイナンシャルプランナー)が在籍するF P事務所です。

F Pと聞いて、「聞いた事がある!」という人はいても、F Pの説明をできる人は少なく、「F P=保険屋さん?」なんて言われることもよくよくあります。そこで、まずはいえラボが定義するF Pとは何かを知ってもらいたいと思います。

F P(ファイナンシャルプランナー)とは?

弊所が定義するF Pとは、人生に深く関わりがある、保険・年金・ローン・投資・税金・不動産・相続等の幅広い知識を有し、その知識のもと、特定の商品を販売するのではなく、相談者様にとって、“最善のプラン”を提案する者のことです。

なぜここで、“プラン”を強調するのかというと、住宅会社や保険屋会社でもライフプランシミュレーションを行うことが出来ますが、自社で商品を販売している以上、自社の商品が売れやすいようにライフプランシミュレーションを行っている可能性が考えられてしまいます。

通常は、競合他社の商品やサービスがどんなに優れていても、自社の利益を優先しなければならず、他社の商品やサービスを紹介することができなくなる環境にあります。

そうなると、顧客利益の優先ではなく、自社利益の優先となり、ご相談者様にとって機会損失になってしまう可能性があります。

弊所では、そういった背景を鑑みF Pとはモノを売るのではなく、プランを提案する者と定義しています。

住宅会社では提案できないサービスが、“いえラボ”ならできる!!

住宅の購入を考えた場合、住宅会社では、住宅の構造や設備の説明、住宅取得にかかる費用や、住宅ローンをした場合の返済額の説明のみに留まっていることが多い傾向にあります。

ですが、家を購入する時に大切なのは、住宅の構造や建築費用、毎月の返済額だけでなく、保険や投資など資産形成のお話も含めて資金計画を考えなければなりません。

詳しくは割愛しますが、いえラボでは、住宅会社が提供できるサービスに加え、保険・年金や投資などの資産形成の知識や、親身になって対応いただける住宅会社の紹介といった様々な視点や方法で、ご相談者様に“最善のプラン“を提案することで、ご相談者様がお得に且つ円滑に住宅の購入をしていただけることが弊所を利用していただく一番のメリットだと考えています。

料金はすべて無料です